立神オリジナル架台:砂地にも打ち込める基礎杭 太陽光架台なら株式会社 立神鐵工所

立神オリジナル架台

  1. トップページ
  2. 立神オリジナル架台

株式会社 立神鐵工所の企画力・技術力が集結!

ヴィクトリアT605

メガソーラー・太陽光発電の設置問題をまとめて解消 ユスト削減しながら高品質を維持
オリジナル架台 <Victoria T605 (ヴィクトリア T605)>

※意匠登録申請中

事業主様のさまざまな悩みに応えて誕生!

  • メガソーラーの設置コストをできるだけ抑えたい
  • 太陽光発電を設置したいが、”土地形状が悪い” と断られた
  • 強風や豪雪に強い架台を探している
  • 納期が迫っているので早く設置したい
  • 斜面にメガソーラーを設置したいが可能か
  • サビに強い架台を探している

そのすべてを解決するのがヴィクトリアT605です!

要所で見られるヴィクトリアならではのメリット

ヴィクトリアT605

ヴィクトリアT605 3大特徴その1

厳密な構造計算による確かな耐風力

太陽光発電の普及にともない、架台の品質が見直されている今日。想定外の強風や突風にも耐える強さ保つことは、発電事業の安定性・継続性に大きく寄与し事業発展の要になるといっても過言ではありません。

ヴィクトリアにおいては、全国の市町村別に定められた基準風速30m/s~46m/sをクリアし、それをはるかに上回る最大70m/sをオプションとし、以下の項目で実現化しています。

  • 基礎杭となるパイプは堅牢な60.5<1>(パイ)を標準使用(48.6φ (パイ)も有り)
  • パイプ切り口は自己修復する特殊加工。深部の錆にも強い
  • 厳密な構造計算にもとづく設計提案

また、これらの相乗効果により、パネル上の積雪など堆積物の荷重にも耐えられる強固さを発揮。あらゆる土地・場所・風土気候に対応できる強みを誇っています。

ヴィクトリアT605 3大特徴その2

工期短縮でコスト削減を実現

ヴィクトリアは、最も費用のかかる人件費を軽減できるよう、工程の効率化とスピー ドアップを実現。品質を保ちながら時間をかけない 「 ヴィクトリアシステム』で、工期短縮によるコスト削減を叶えます。

10メガ以上の場合は現地整形可能!

ヴィクトリアT605 3大特徴その3

独自の設計・工法であらゆる土地形状に対応

「強さ」を誇る独自の設計と、効率化を図った工法は、設置場所を選ばないという新たなメリッ卜も備えています。たとえば、凹凸の激しい場所においては、水平を保つためにコンクリー卜整地などを行うのが通常ですが、ヴィク卜リアは 現地で製造するので、整地の必要性が少なくなります。

というのは、まず現地にて杭打ちを行い、パネルの正しい設置に合わせて杭(パイプ)の方を切断します。これにより、野だけ設置の可能性が広がり、工期短縮・コスト削減も可能にしています。

また、オリジナル設計の強みで、杭の高さはいくらでも調整可能。土地の形状や気候特性に合わせた設置が行え、積 雪地帯などにも対応できます。

工程の流れとしては、太陽光発電メーカーからの土木調査をもとに構造計算を行い、適正な根入れの深さを決定。足もとから強く、安全性まで十分に考慮したヴィクトリアです。

※東北地方などの軟弱地盤にも対応いたします。

流れでみればさらに納得!~受注から完成までの流れ~

品質へのこだわりと工期短縮・コスト削減のわけ

トップへ戻る